プロフィール(孫の茶代表)

氏名:永峯典子(ながみねのりこ)

生年月日: 1974年9月5日
出身地: 茨城県潮来市 
◎理学療法士/第25963号

◎整体師/第42号

◎地域リハビリテーションアドバイザー

潮来市市町村担当療法士

    

施術家としての実績・経験

 平成8年、理学療法士を取得後、急性期病院・老人保健施設でのリハビリテーション業務に携わって参りました。

 急性期の病院では、小学生の交通事故による頭部外傷後遺症後のバランス障害から、中年男性の脳血管障害等、運動機能回復に全力を尽くしました。

 老人保健施設では、入所やデイケアのリハビリテーションを担当しながら施設の転倒予防委員会等、安全・安心した環境づくりを心掛けました。

 また、高齢者の機能維持向上を目標に、体操に取り組み、施設入所者様の体操参加者を増やすことが出来ました。

 その他に、年に数人の学生の臨床指導に協力させて頂き、多くの貴重な経験を積み今日に至ります。

 今後、高齢者が増加するにあたり、安全な地域で安心した老後を過ごして頂きたいと願い、平成26年8月に株式会社 潮来リハを設立し、リハビリサロン孫の茶を開業致しました。



お客様・患者様に向き合う時の心構え

 誰しもが迎える高齢に対しての不安や心配を一緒に解決できるよう、お客様と向き合い、日々努力していきたいと思っております。

 今後、65歳以上の高齢者は、2042年にピークを迎える予測(3,626万人)が発表されています。核家族化やうつ病・認知症など、社会現象にもなっており、今後増加する一方、少子化で働き手の負担が増えるばかりです。可能な限り早急に対策が必要だと感じております。

 私は、理学療法・リハビリを通じて障害・不調を抱えた幅広い年齢層に対して、一人でも多くの方に健全な心と身体を提供することを目指していきたいと思います。

 身体の不調を感じている人は、思考や行動を適切なものにし、最後まで自分の責任で納得のいく人生を送って頂きたいと心から願います。

 病院へ行っても解決できない、どうしたらよいのか分からない方・心身ともに不安を抱いている方のお役に立ちたいと思っております。